2010年04月13日

春の珍事、津田塾大のイチョウの木にサクラ(読売新聞)

 東京都小平市津田町の津田塾大学の中庭にある大きなイチョウの木から、サクラの枝が生えてピンク色の花を咲かせている。6日、同大職員が発見した。

 イチョウは高さ15メートルを超える大木。校舎よりも高く、同大のシンボルの一つとなっている。約30年前には、雷が落ちて折れたこともある。

 同大は今年創立110周年という節目。新入生を迎える季節でもあり、「お祝いムードにふさわしい」と職員は珍事を歓迎している。

 国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市)の奥山雄大研究員は「土がたまった枝の分かれ目のくぼみに、サクラの種が落ち、芽が出たのではないか」と話している。

女優の三原じゅん子さん擁立へ=自民、参院比例で(時事通信)
読み終わったらラテでブレイク。珈琲マンガ「バリスタ」発売
<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)
<厚労省調査>インドネシア人看護師候補 患者は好意的評価(毎日新聞)
元朝青龍の主治医・本田医師1億所得隠し指摘(読売新聞)
posted by タカミ シズオ at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。