2010年02月26日

パナソニック電工、長榮専務が社長に就任へ(レスポンス)

パナソニック電工は22日、6月開催の定時株主総会後のトップ人事で長榮周作専務が社長に昇格する人事を内定したと発表した。

畑中浩一社長は取締役も退任して相談役に退く。

長榮氏は、愛媛大学工学部電気工学科を卒業後、同社に入社、インドネシアの現地法人の社長や照明デバイス開発部門などを経て2004年に経営執行役、2005年にサンクスの社長となり、2007年に松下電工の常務取締役として復帰、2008年に専務となった。4月1日付けで副社長となった後、社長に昇格する。60歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
オートバックス、2店舗にEV用充電スタンドを設置へ
三菱、長崎県に i-MiEV を納車…ITS車載器を搭載したレンタカー
EVコンセントをマンション駐車場に設置…ライオンズマンション
パナソニック電工 特別編集

<五輪スピード>高木選手「空回り」 岡崎選手「次」に意欲(毎日新聞)
<火災>民家全焼2人死亡 埼玉・富士見(毎日新聞)
早大OBら3人株価操縦認める 初公判で(産経新聞)
首相、名護市長と会談(時事通信)
レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針(医療介護CBニュース)
posted by タカミ シズオ at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。